Ironman World Championship 2018/10/8 Day2

※宿から眺める夕焼け

6:30

起床。前日は夜の8時頃からソファーでうたた寝をして、10時過ぎにはベッドで就寝。宿が高台にあるためかエアコンを付けてなくても涼しく快適に過ごすことが出来た。たっぷり寝たので移動の疲れもとれた。天気は気持ちの良い快晴。朝食を食べた後に、庭で犬と遊んでからカイルア桟橋へ。

広々とした宿の庭

13歳の犬二匹とボール遊び

7:50

KTAに車を停めてスイム会場へ。歩いて近づくと、ゲータレードの巨大なペットボトル型風船が目に入り、これから大会が始まるんだと気持ちが高ぶる。そこからスイム会場まで、そのまま行けばよかったものの、手前のエキスポに吸い寄せられて予定外の買い物。その後、参加者名が記されたボードの前で記念撮影し、ようやくカイルア桟橋に行くと、すでに100人近く人が集まっている。どの人も身体が絞られている。

最初のトラップ。他のアイアンマンレースではほとんど買わないのに。。。

ネームリストの前でお決まりの撮影

8:20

海に入って、150m程度アップしてから、沖に向かって泳ぎだす。水質もよく、海底にはカラフルな魚がたくさん見える。往路は3回ほどブイで立ち止まりながら泳ぐが、向かい潮のようでなかなかスピード上がらない。400mくらいの地点で確認したら平均1:51/100mペース。さらに沖まで泳いでいくと潮の流れがきつくなったようで、1100mくらいの地点のブイでは合計の平均ペースが2:00/100mまで落ちていた。当日もこんなペースだと大幅に予定タイムから遅れるなと思ったが、今更焦ってもしょうがないので「ま、いっか」と思い直して、同じくブイで停まった選手と少し会話して休憩。その方は今回が6回目の世界選手権出場とのこと。そこからの戻りはブイ休憩なしで。キングカメハメハ・ホテルを目印に戻っていたら遊泳禁止区域に入りそうになり、急遽方向転換して桟橋まで戻る。本番も戻りのときの目印をどこにするか、もう一度練習して確認しておいた方が良いだろう。最終的に泳いだ距離は2250mで合計の平均ペースは1:52/100m。レース目標が1:49/100mの合計1時間9分なのでほぼ同じペース。波は弱かったものの潮の流れが往復でこれだけ差があるとは思わなかったので良い勉強になった。ちなみにブイで休憩しているときに、ボランティアのセーフガードと思われるカヌーに乗ったおじさんが、火曜日の朝は海上のコーヒーがあると教えてくれた。明日も練習しよう。

元気よく泳ぎだす

ひと泳ぎ終えてホット一息

9:30

泳ぎ終わって休憩していると、砂浜で6度世界チャンピオンに輝いたデイブ・スコットさんが、プロ選手と思われる身体の締まりまくった若い男性と談笑していた。昨日に引き続き、アイアンマンの世界の著名人をこれだけ近くに見えるのは不思議な感覚。

キングカメハメハ・ホテル内をゆっくり散歩して、家族用にウェルカムとアワードのパーティーチケットを購入。出発前にインターネットで事前購入しようとしたところ、すでに販売されていなかったので、一安心。そこで、気分がよくなりすぎて、今度はホテル横のオフィシャルショップで二度目の散財。40周年記念と書かれるとついつい買ってしまう自分に疑問を感じつつ、ここも「ま、いっか」で済ませた。

その後、宿にもどって昼食をとっていると、スコールのような雨。部屋でゆっくりして、小雨になってからスポンサーが多数出店しているアイアンマン・ビレッジへ。

14:00

明日から各メーカーの店舗がオープンするらしく、今日は2,3店舗しか営業していなかった。という中でも、Zootにてちゃっかりランニング用Tシャツを購入。その後、近くのスーパーで買物。

16:30

天気が回復したのでカイルア桟橋からアリィ・ドライブ沿いをジョギングし、その後、パラニ通りを登って宿まで走って帰った。Kona Day2もリラックスして快適に過ごすことができた。

カイルア桟橋からアリィ・ドライブ沿いをジョギング

アリィ・ドライブ沿い

アリィ・ドライブ沿い。遠くに客船が停泊している。

宿までの上り道

まだ続く上り道

振り返るときれいな夕日

まだまだ続く

アイアンマンショップでも開店するかのような勢いで購入した品々。お世話になった方々にもしっかりお土産買っていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up