2018/8/6 week32

*大森ふるさとの浜辺公園。

週合計練習時間14時間54

長男誕生に合わせて夏休みを数日とったが、いろいろやることがあり結局は15時間程度の練習になった。ただ、週末土日の練習内容を振り返ると、自分の場合、15時間もやれば十分というか、披露が溜まって強度の高い練習ができなかった。今後も、無理しすぎることなく、短時間集中でレベルアップを狙っていこう。

#ラン

今週から20km走を開始。3月以降、毎月のランの月間練習時間を6時間前後、距離を80km強に抑えてきたが、これからコナまでの2回の強化期間は休息週を除いて毎週20km走か30km走を入れていく予定。
初回の月曜日は4:23/kmペースで、土曜日はやや疲労が抜けきっていない感じで4:26/km。今は頑張ってこのペースなので、コナに間に合うのかやや心配ではあるが、昨年のケアンズ前は、直前の2ヶ月のラン練習量は月間12-13時間、170km少々。それまでは月間100km未満だったので同じような調整ペースではある。
まだまだランための筋肉ができていないようで、練習後のヒラメ筋の筋肉痛が激しい。

#レッツスイム品川(Gotenyama Triathlon Club

週末の朝に通っているスイミングクラブは、Gotenyama Triathlo Clubというトライアスロン・クラブのスイム練習にあたる。私はこのクラブには参加せずスイム練習だけ参加しているが、先週、このクラブの2選手がエストニアで開催されたアイアンマンレースで、今年10月のコナ出場権を獲得された。いつもスイムで一緒に練習しているM65-69カテゴリーの男性はエイジ優勝。表彰台に立っている写真を見たがとてもかっこよかった。
スイムだけ参加している私も含めると、この小さなクラブから3名もコナに出場することになるが、決してハイレベルな選手が揃っているわけではないと思う。例えば、スイムであれば、速い方のコースでも50mを50秒サークルで4本泳ぐのが最速ペースくらいで、極稀に100mを140秒サークルとかに設定されると、速すぎるとブーイングがでるくらいゆったりとした雰囲気だ。でも、皆さんとても楽しそうに練習されている。もちろん実際は見えないところでの努力や苦悩、葛藤があるのかもしれないが、そういうものを感じさせない。3年少々、このスイミングクラブで練習しているが、継続的に練習に参加しているメンバーの中からは、国内ロングの大会で表彰台を獲得したり、今回のようにコナ出場権を獲得した人が出てきている。改めて、楽しみ、継続することの重要さを感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up