ハワイ島旅行編 vol.4 カイルアコナのお店

もはやトライアスロンではなく、旅行ブログのようになっていますが、続けます。今回はハワイ島のカイルアコナのオススメ店の紹介です。もし好みが合えば、忙しいアイアンマンウィークでも楽しめるかもしれません。

#Umeke’s poke

ポキは生の魚(特にマグロ)を使ったハワイの庶民料理。写真は、アボカドと混ぜたポキに、トマトと海藻のサイドメニューを組み合わせたものだが、これがたまらなく美味しい。マグロとアボカドのまったりとした食感に、しっかり塩味がついた海藻のシャキシャキとした食感がよく合う。練習やレースの後の食事には最高の組み合わせになりそう。12時ごろに行くと10人ほどが並んでいた。

上段のポキの味と下段のサイドディッシュを選べる
ポキはもちろんのこと、サイドディッシュの海藻が絶妙の塩味

#One aloha shave ice

Island naturalsというオーガニック食品などを豊富に揃えている食料品店の前で休憩していたら、日本語を話すアメリカ人女性に話しかけられた。なんと彼女は日本に滞在経験があり、私と同じ大学に留学していたそうで、今はコナのかき氷カフェで働いているとのこと(オーナーのようだが詳しいことは未確認)。最終日にコナの中心地近くのお店の寄ってみると、毎日、全て自然のものから作っているというシロップがとても美味しかった。ガイドブックなどにはカイルア桟橋近くのScandinavian shave iceが掲載されているが、私はこちらのOne alohaの方がオススメだ。店も広くゆっくり休憩できる点も良い。

2015年設立だが2016年から3年連続でBest Western Hawaii1に選ばれたという看板もあった
パッションフルーツのシロップが美味しい

#クニタケコーヒー/お話好きのクニタケさん

カイルア桟橋すぐ近くにある日系人が営む小さなコーヒー豆のお店。少し店の様子を見るだけのつもりでのぞいたら、先に入っていた日本人夫婦へのコーヒーの説明を一緒に聞くことに。

店主のクニタケさんは60歳過ぎくらいの話が好きなおじさん。笑いを取りながら矢継ぎ早にコーヒーの説明を終えると、話し足りないのか畑で取ってきたというライムに話題が移る。黄色く熟したライムを水に垂らしてテイスティング。ハワイに到着した当日だったので、長い移動の疲れが少し癒された。ライムに加えて、同じく畑で取ってきたというアボカドも頂いた。アボカドは日本で買うものより1.5倍くらいの大きさで黄色く熟した実はバターのようにしっとり口の中に広がる。黄色く熟したライムはビールに入れると美味しいとのことだったが魚料理に使って美味しく頂いた。

コーヒーの説明
コーヒーとは関係ないライムの話が始まったところ
ハワイ島滞在中の7日間で1パック飲んでしまった

#Kona bay books

TargetやIsland naturalsが並ぶショッピングセンターの中でひっそりと運営されている古本屋。子供用に、写真中心の図鑑やガイドブック、絵本を買うにはちょうど良い。5冊買って20ドルほど。ちなみに古本はかなりの品揃えだったがアイアンマンやトライアスロン関係の本は見つからなかった。何故だろう。

とても地味な入り口
入り口からは想像できない広い店内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up