ランニングフォームの確認

先日、Linospotのランニング練習会に参加した。

https://www.facebook.com/events/2533749929970325/?ti=icl

妻がメインで参加して私は子守を担当していたので、400mのインターバルを6本だけ走って、後日、それに対するアドバイスを頂いた。具体的なアドバイス内容はコーチの大事なノウハウだと思うので詳しくは書かないが、主に下記3点についてそれぞれ掘り下げたアドバイスを頂いた。

・腕振り、脚の運びが非常にスムーズ
・今後のタイム向上にはピッチを落とさずストライドを向上させる必要あり
・アイアンマンの目標タイムとピッチ、ストライドの関係

事前に上下動の少ないランニングフォームについて自分なりに仮説を持って走り、その走り方についてOKをもらえた。冬のランニング練習の前に定着させるべきフォームを確認できたので、とても有意義だった。

400mトラックを70秒ペースで。最後は顎が上がってしまった。妻が長男を抱っこしながら撮影したので泣き声も入っている。

今年のKona5位に入ったBraden Currieブログでトラックでの練習がフォーム改善に役立ったと書いていた。特にレース後半のフォーム悪化とその結果生じるランニング効率の低下を改善するのに、トラックでの練習が役立ったそうだ。

これから定期的にインターバル練習を取り入れていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up