CSS(Critical Swim Speed) by Global Triathlon Network

GTN(Global Triathlon Network)で水泳の乳酸閾値練習について解説があったので紹介します。

  • 乳酸閾値のペースで泳ぐことがトライアスロンレースでのスイム向上に役立つ
  • 計算方法は(400m-200m ÷400TTの秒タイム-200TTの秒タイム)で算出し、100mなどの基準距離に換算する
  • 例:400m640秒、200m320秒の場合、200m÷400-200秒)=1m/秒で、140/100mが閾値のペース
  • 練習メニューは、20*100m(7-15秒レスト)、10*200m(20秒レスト)、5*400m30秒レスト)、3*600m45秒レスト)などを週1回程度実施し、月一回か隔月で再度計測する

早速取り入れてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up