2020/6/22,12時間45分,825TSS

IRONMAN Barcelonaに向けた準備期3の第1週目でした。レースに向けた準備というよりも、まだまだパフォーマンスを取り戻すための基本と筋トレの繰り返しですが、しっかり練習できました。それでは、詳細です。

体力数値

緊急事態宣言明けから、継続的に週12時間、800TSS程度の練習を積み重ね、Trainingpeaksの体力数値CTLも、ようやく90を超えてきました。

これでようやく数値上は1月上旬レベル。

スイム以外のバイクとランは、練習中に感じる疲労のしにくさや、パフォーマンスも1月上旬に近いと思います。

引き続き、練習量は週12時間程度に抑えつつ、今やるべきことを着実に積み重ねて行きたいと思います。

バイク VO2Max向上トレーニング

アイアンマン レースで上位に食い込むには、特にバイクのパワーの底上げが必要。

2018年の世界選手権のエイジグループ・チャンピオンのDan Plews氏がVO2Max向上のためのトレーニングメニューを紹介していたので、試しに取り入れてみました。

3分間のFTP115%、2分レストを4セット。

結果は2セット目以降にずるずるとパワーが下がり、クリアできませんでした。今週末は疲労感強かったのは確かですが、まだまだ改善余地大いにあると前向きに捉えて、7月はじっくりVO2Maxの向上に努めます。

329/146/79 116% (FTP284w)
325/151/79 114%
322/153/78 113%
314/155/78 111%

筋トレ

筋トレの負荷が、ようやく昨年の内容に戻りつつあります。フリーウェイトの負荷は80kgで、あと5kgです。

今シーズン、特に強化したいのは内転筋。

1年前のケアンズ だったと思いますが、ゴール後に内転筋が非常に疲れていて、直ぐに攣りそうになりました。ここの強化がレベルアップに役立ちそうな気がしているので、アダクションマシンで、グイグイ挟んでます。

メンテナンス

バイクはずっとインドアで練習していますが、3月初旬にハワイ島旅行から帰って以来、一度も注油していませんでした。

昨日、約4ヶ月ぶりに油を注いだら、チェーンの音がほとんどなくなり、快適、快適。

身体の方も、5月に左股関節を痛めて以来、寝る前に全身のストレッチをしっかりやるようになってから、良い状態が続いており、肩、股関節周り、足首の柔軟性が高まってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up