記事:キプチョゲはいかにしてマラソン2時間切りしたのか

キプチョゲの取材記事があったので紹介。マラソン2時間切りの戦略や練習方法というよりも、彼の考え方を紹介した記事です。内容よりも、インパクトのある写真の方が気になる記事ですが、紹介です。

How Eliud Kipchoge Broke Running’s Mythic Barrier
https://www.gq.com/story/inside-eliud-kipchoge-kenya-training-compound

信念

キプチョゲの一週間の過ごし方と練習はとてもシンプル。でも、どの練習についても詳細に記録している。「信念が伴わない練習なんて意味がない。信念の意味は辞書で調べるものではなく、自分自身の言葉で定義するべきものだ。」

Kipchoge’s regimen is simple: easy running on Monday, Wednesday, and Friday; speed workouts on Tuesday and Saturday; a long run of up to 25 miles on Thursday. On Sunday, rest. He approaches these sessions with devotion, recording his times for every workout in a notebook. “If you don’t have faith in your training, then it’s nothing,” he says. “You don’t go to a dictionary and find the meaning of the faith. You need to define the faith in your own vocabulary.”

さすがキプチョゲ。このジャケットいいやん、と思わせてくれる。一着、60万円以上也。

一貫性

彼が何度も強調している「一貫性」について。「レースに向けた4ヶ月の間、真剣に練習し、食事に気を使い、良い方向に自分を鍛えているか?これが速く走るために必要なことだ」

レースに勝てる自分になるために必要と考えられるすべての要素を、磨き、組み合わせていくことが重要ということなのだろう。

Back in the garden, that’s what Kipchoge wants to emphasize. “What we’re looking for here is consistency,” he tells me. “Are you really training for all those four months? Are you eating well? Are you actually building in a positive way? That’s what’s required in sportsmen and -women in order to run very fast.”

昔、多摩川でこういう格好の人が犬を連れて散歩していた。

終わりのないゲーム

キプチョゲはビジネス関連の書籍をよく読むとのこと。その中で、サイモン・シネックの最新著書「Infinite Game」から、携帯音楽プレイヤーの競争のときに、マイクロソフトがシェア争いに終始こだわっていた(Finite=有限の戦いに終始していた)のに対して、アップルが自社製品の質を高めることに集中し(Infinite=無限の、終わりなき活動に集中し)、最終的にアップルが勝った話を紹介している。

インタビュアーがキプチョゲの今後のレースや、ベケレとの競争にどのような戦略を持って望むのかを聞き出そうとしたが、それについての直接の回答はなく、上記の話があったとのこと。他選手との競争ではなく、自分を最高のランナーに磨き上げることに集中する、ということか。

Kipchoge often spends an hour there in the afternoon and another hour after dinner. “I read the business books,” he says. “You can translate business into running.”

Lately Kipchoge has been immersed in a new book, The Infinite Game, by Simon Sinek. He’s been thinking about one passage in particular, about Sinek’s time speaking at “education summits” for Microsoft and Apple. Microsoft’s executives, Sinek says, were obsessed with the company’s market share, whereas Apple’s were focused only on creating the best products.

“At Apple competition is out of the question,” Kipchoge explains. “You just work, but they don’t compete. Microsoft people have a finite mind. Apple people are the infinite minds.” He flashes his famous smile and gives a knowing look. “Who is ruling the market now? It’s Apple, iPhone is everywhere—even most people in Kenya are buying iPhone.” He pauses. “We were really talking of marathon, so what I’m trying to say is this: We don’t run and compete, but we have competing minds.”

白のスーツも似合う。でも、スニーカーは別の方がいいんじゃないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up