練習再開

休息期間も終了し、12月から計画的な練習を再開。しっかり休んで、食べて、心身ともにリフレッシュすることができた。週末のIRONMAN Western Australia にも刺激を受けた。それでは詳細です。

10月のマレーシアが終わってから、しっかり休んだ。レース後、最初の1週目に食生活が乱れて、その後体調を崩したものの、現在は心身ともにとても良い状態に戻っている。

休息期間中はスイムとバイクをレース前の3割程度行い(つまりほとんど練習せず)、ランはトレッドミルで合計3km走っただけ。当然ながら、Trainingpeaksの値も大きく下がった。体重は3kg増。12月は筋力と心肺機能を戻すことを目標に計画的な練習を再開する。

週末のIM Western Australiaで、今年のケアンズでエイジ総合優勝したBoyle選手が8時間46分で完走していた。私と同じ歳だが、ケアンズのアフターパーティーで握手したときに、同じホモサピエンスなのかと思った。握手した時の手の大きさと握力、肩を組んで腕に手を回した時の背中から腕の筋肉の厚さ。アスリートとしての差よりも、生き物としての差を感じた。

それに近づきたい訳ではないが、私も2020年シーズンはしっかり筋力を高めたいと思う。早速、フリーウェイト中心の筋トレメニューを実施している。まずは無理のない範囲で、フルスクワット80kg、リバースランジ70kg、デッドリフト70kgから開始。少しずつ上げていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up