NikeズームXヴェイパーフライネクスト%

Nikeのオンラインショップで購入したら、林家ペー専用かと思われるくらい強烈なショッキングピンクでした。合計2回、30kmを走った感想です。IRONMANマレーシアはこれで走ろうと思います。

土曜日の早朝に10kmを4:00km前後で走りましたが、期待が先行しすぎたのかズームフライ ・フライニットに比べてそこまで良いとは感じませんでした。

普段の練習はOn cloudで、6月のケアンズ 以来、フライニット で走っていないかったので、調子よく走れたフライニットを過大評価していたのかもしれません。

改めて、月曜日の朝に10kmを4:00-4:15/kmくらいでランニング。ロングライドの翌朝で疲れが溜まっていたので4:30/kmくらいで走る予定でしたが、太腿への負担も少なく、ストライドも少し伸びるようで、思ったよりも速く走ることが出来ました。IRONMANマレーシアはこのシューズで走ろうと思います。

  • 拇指球から小指付け根あたりのクッションがフライニット よりも分厚く柔らかい。歩いているときに特に感じる。そのため、着地の衝撃の負担がかなり軽減されそう。ロングライド翌朝の疲れた脚でも、4:00/kmー4:15/kmで走れた。
  • 生地が薄い。ジップロックのビニールくらい薄くて軽い。水捌けも良さそうなので、スコールがあるマレーシアには良さそう。
  • シュータンが柔らかくピラピラで、履こうとすると動くので履きにくい。シュータンが靴と一体化していて、滑りやすい生地のフライニットは履きやすかった。ただしその点を考慮しても、軽さ、クッション性能、水捌けもを考慮すると、こちらのシューズが良さそう。

まだ、体重もベストから2kg重く、本調子という感じにはなっていませんが、シューズの力を借りて、少しでも良い走りを出来ればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll Up